MENU

私が早朝バイトを始めた理由。

最近不景気なのか、本業の給料が下がってきました。。
バイトでもして生活費を補うしかないなと思ったのですが、夜に働くと本業にも差し支えるしどうしようかなと思っていたら、
友達から「早朝バイトをすれば?」と教えてもらいました。

 

友達が言うに、おすすめの早朝バイトとしては

 

早朝バイトのおすすめ・定番はこの辺

パン屋、清掃バイト、コンビニ、24時間の飲食店、スーパーの品出し、
新聞・牛乳配達、魚河岸(市場)

 

などです。

 

ちなみに魚河岸(市場)とビルの清掃とかは、時給が結構良いです。
会社員がダブルワークでするなら、オフィスビルの清掃は職場と近かったりするので
通勤が楽かもしれないですね。

 

コンビ二の朝はお客さんが多いので忙しいかもしれないですよ・・・。

 

 

どのバイトも最初は早起きが大変ですが、慣れれば朝の新鮮な空気も吸えるし一日を有効に使えるという点もよいかなと思います。「朝活」とかも流行っているのも、多分こういうことなのかと。

 

仕事を持っているOL、サラリーマンや学生、主婦の人など色々な人が
働いているので、様々な人と知り合えるのも楽しいですね♪

 

時給も意外と高いのでお金もたまりますし朝働くのはなかなか良いと思います。

 

早朝バイトの探し方ですが、ネットの求人サイトを使うと掘り出し物的に良いバイトが
見つかるので、一番簡単に探せてよいと思います。

 

「早朝バイト」で検索したら、ずらっと出てくるので気になるのを見ていくだけです。

 

早朝アルバイト探しに役立つ求人サイトの中で特に求人が充実している所を紹介するので
一度チェックしてみてください!


人気の早朝バイトおすすめが見つかる求人サイト【3選】

バイトルドットコム


早朝バイトの情報がかなり充実しているのは、
バイトルドットコムです。

 

AKB48とかがCMに出ているので知っている方も多いかもしれないです。

 

時給1200円以上のバイトや早朝バイトなどが結構あります。
自分の家の近く、駅近くのバイトを探したい場合も、
地図検索を使うと楽々バイトを見つけることができます。

 

 

バイトルドットコムの求人検索には、
応募バロメーターというのがあって、
そのバイトにどれくらい応募があるか知ることができます。

 

これを見ると、全然人気のないバイトが分かったり、
人気が高いので、これはすぐ申し込もうなど状況が
分かるので便利です。

 

24時間、365日求人情報が更新され続けているバイト情報サイトなので、
時々チェックしていると良いアルバイトが見つかると思います。

 

良い条件の人気バイトは奪い合いなので、まめにチェックしておいて素早く応募しちゃいましょう〜。
まずは、自分に合いそうなバイトがないかチェックしてみると良いと思いますよ。

 

 

>>バイトルドットコムの早朝バイトを探す。

 

バイトーク


「リアルな声と雰囲気からイメージできるバイト探し」というのが売りのバイト求人サイトです。
求人によって、先輩の声というのが書いてあって、どんなバイト先かな?という疑問が
リアルに解消される感じです。

 

何よりも一番の特徴は、アルバイトが決まるとお祝い金がもらえることです。

 

早朝のバイトで探してみると、
 ホテルの清掃スタッフ、ホテルの早朝シフト、新聞店、パン屋、食品工場などいろいろ見つかりますが、
大体1000円〜8000円くらいのお祝い金がもらえます。

 

さらに、先輩の声というのを投稿すると、さらに2000円もらえるので結構良いかなと思いますね。

 

お祝いのお金は最大で3万円らしいので、お祝い金の高い所という視点で探すのも
ありかなと思いました。

 

利用料は当然無料です!

 

>>バイトークの求人情報を探す。

 

 

タウンワーク


3番目に良いと思うのはタウンワークです。タウンワークはリクルートが運営する
日本最大級のアルバイト求人サイトなので、種類の多さという点ではかなり良いですね〜。

 

タウンワークはリクルートが運営するからなのか、
他の求人サイトではあまり見られない早朝事務の求人などがあるので
主婦の方とかもよいかもしれないです。

 

その他の早朝バイト

 

ファミリーマート、病院の清掃バイト、オリジン弁当の惣菜スタッフ、伝票作成(魚や)、
フロントスタッフ、早朝のルート配送、セブンイレブン(6時〜8時)、ディスカウントストアの商品補充
などなどです。

 

上の2サイトでよいバイトが見つからない場合は、タウンワークで探してみると見つかるかもしれないですよ。

 

>>タウンワークの求人情報を探す。

 

 

 

 

 

 

 

「短期バイトとは」

 

早朝バイトとは少し違いますが、短期バイトも土日祝日などに働けるので本業の稼ぎが少ない
私みたいなサラリーマンの強い味方です(笑)

 

バイトには長期バイトと短期バイトがあります。

 

この違いに明確な定義というものはないのですが、一般的な認識としては、数週間から一ヶ月程度が短期バイトと考えて良いようです。

 

ただ、日払いも短期バイトに入りますので、日払いのバイトを探したい場合は、とりあえず短期バイトで探して見ても良いでしょう。

 

 

 

では短期バイトにはどういったものがあるのでしょうか。

 

・オープン時のスタッフなど

 

長期的にみて必要はない人数でも、お店などがオープンした際の混雑時だけは必要という場合もあります。

 

そういった場合短期のバイトで補充をしたりするようです。

 

・年末年始の郵便配達

 

年賀状の配達のための仕分けや、配達といったバイトも短期バイトになります。

 

まさに期間限定の短期バイトとなるでしょう。

 

・お歳暮時期のデパートのバイト

 

お歳暮時期のデパートは大変忙しいため、短期バイトをかなり雇っているようです。

 

・ゴールデンウィーク、春休み、夏休みのバイト
 大学生や高校生の方を募集することが多いです。皆が休んでいるので人手不足になりやすいです。

 

 

また、長期バイトを前提としているものの、短期で働いてもらっても構わないというバイトも意外にありますので、働いてみたいけど長期は厳しいという場合は、問い合わせてみても良いかもしれません。

 

様々なバイトをするという事は良い経験になりますので、短期バイトを上手に活用をして経験を積んでいきましょう。